即日対応可能!スグ依頼できる 基本料金0円のコーディング代行サービス「コーディングラボ」

スタッフブログ

お見積り依頼

Webコーディングの共通ルール!?「Web標準」とは

Webサイト制作では、さまざまな知識やアイデアを生かし、オリジナリティの高いサイト作りを意識していることでしょう。自由な世界観を表現できる場でもあるため、制作スタイルも自由になってしまいがち。独習でWebを身につける人も多い業界だからこそ、そのスタイルはさまざまです。

Webコーディングにも標準とされるルールがあることをご存知でしたでしょうか? それが「Web標準」と呼ばれるもの。今回はさまざまなメリットにもつながるWebコーディングのお作法でもあるWeb標準について解説します。

Web標準とは何か?

Web標準とは、サイト制作において標準的に利用される技術仕様の総称。W3Cという団体が勧告しているWeb制作の規格です。

W3Cとは「World Wide Web Consortium」の略称で、Web技術の標準化を行う非営利団体のひとつ。Webで使われる技術の標準化を目指し、1994年に創設されたのがその始まりで、オピニオンリーダーとしてWeb標準を推進しています。

日本語や英語などの言語に文法があるのと同じように、Webコーディングにも正しい文書の構造があります。正しいHTMLの記述やわかりやすい文書構造など、W3Cが勧告するWeb標準に準拠することで、HTMLやCSS、DOM(Document Object Model)の仕様において、サービスの品質を保つことができます。

これからの時代に求められる互換性への保証

Web標準の規格に準拠する大きな目的のひとつが「互換性の保証」にあると言っても過言ではありません。

互換性と聞くとWebブラウザを思い浮かべる人も多いはず。Google ChromeやInternet Explorer・Firefox・Opera・Safariなどの主要ブラウザはそれぞれ開発元が異なります。そのため、同じWebページにアクセスしても、各ブラウザによってレイアウトなどが変わってしまうケースがあります。

Web標準の規格に準拠することで、ブラウザやバージョンごとの互換性に対する保証につながります。それは結果として、ユーザーの使いやすさはもちろんのこと、サイト制作者の負担軽減にも結びつきます。

また昨今ではユーザーが利用するデバイスの種類も増えたため、ブラウザへの互換性だけでなく、さまざまなデバイスへの対応も求められます。こういった互換性や対応を保証するための共通のルールとして、Web標準規格への準拠が推奨されているのです。

Web標準に準拠するメリットとは?

たとえWebコーディングの標準ルールだとしても、メリットがなければサイト制作者はそれほど強く意識しないかもしれません。しかし、Web標準に準拠することで、さまざまなメリットにつながります。

・SEO対策につながる

Web標準が及ぼす影響は、サイト制作上だけに留まりません。検索エンジンそのものも、W3C勧告を意識して作られているため、Web標準に準拠することは結果として、検索エンジン最適化にもつながります。

Web標準におけるコーディングでは、HTMLの構造とデザインとを分離することが推奨されています。結果として簡潔な文書構造となるため、検索エンジン最適化にプラスの影響を与え、SEO対策につながります。

・アクセシビリティが向上する

Webサイトが配信する情報へのアクセスのしやすさを意味するアクセシビリティ。Web標準に準拠することで、ユーザーが利用するブラウザに左右されず、スマートフォンやタブレットなど、さまざまな端末でも使い勝手のよいWebサイトづくりにつながります。

また、視覚障害を持ったユーザーが使用する音声ブラウザへの対応もカバーできるなど、使う人や使うデバイスを限定しないWebサイトづくりが可能となります。

・サーバーやユーザーの負荷軽減

HTMLファイルに複雑なコーディングの記述をしてしまうと、記述量が増えることでファイル容量が大きくなってしまいます。いくら高速通信が主流の昨今とはいえ、容量の重いファイルを読み込むことはサーバーやユーザーの負荷につながってしまいます。

Web標準のコーディングではHTMLファイルにデザインの指示を記述しないため、ファイルサイズを軽くすることができます。CSSファイルはブラウザにキャッシュされるため、読み込みファイルの容量として意識すべきHTMLファイルの軽量化につながり、結果として、高速で快適なブラウジングを実現できます。

・Webサイトのメンテナンス作業の効率化

HTMLファイル内にデザインの要素を記述していると、Webサイトのメンテナンス時に、変更を加えるファイル数が増えてしまいます。

前述どおり、Web標準のコーディングでは構造とデザインの記述をHTMLとCSSで分離するため、文書の変更とデザインの変更で作業を切り分けることができます。

デザインの変更だけのメンテナンス作業なら、HTMLファイルを変更する必要もなく、作業の簡素化につながるだけでなく、コスト削減にもつながります。

共通ルールでプロジェクトの品質を保つ

Webサイト制作の共通ルールでもあるWeb標準。サイト制作者にとっては一定の品質を維持するための指標にもなります。またユーザーが快適にWebサイトを利用できるというメリットにもつながります。Web標準を意識したWebサイト制作で、プロジェクトの品質を保つよう心がけてみましょう。