スタッフブログ

コーディングラボのスタッフから、
日々のつぶやきをお届けします。

HTMLの特殊文字

HTMLコーディイングで初心者が陥りやすいのが禁止文字です。
自分では全く意図していない結果を表示しているが原因がわからない、そんな時は使用禁止文字をコーディングしている可能性がありますので確認してみてください。

このようにHTMLには使ってはいけない文字があります。
例えばタグを表す「<」と「>」を普通のテキストとして文字入力してしまうと、ブラウザは意図しない結果を表示してしまいます。

こういった特殊文字をテキストに使いたい場合はエンテティイ文字と呼ばれる特別な文字を使うことで「&lt;」と「&gt;」のような特殊な文字をテキストとして入力可能になります。
「<」は「&lt;」「>」は「&gt;」のような記述の仕方になります、それ以外にも様々なエンテティ文字がありますので覚えておくといいでしょう。