スタッフブログ

コーディングラボのスタッフから、
日々のつぶやきをお届けします。

HTMLのコーディングルール

HTMLでのコーディングは今やごく当たり前のものになっています。
仕事でWebデザインをする人を始めとして普通に自分のホームページを作る人まであらゆる人がなんとなくコーディングできるのがHTMLのいいところです。
ですが、やはり最初は基本からしっかりと覚えておいた方がその後の応用にも役立ちます。
HTMLの基本ルールはまず半角で記述するという点です。
もちろん日本語の文章やHTML以外のアルファベットや数字は全角でも半角でも大丈夫です。
次に要素名と属性設定ですが、要素名と属性=”値” 属性=”値”のように複数の属性を設定する場合はその間を半角スペースで区切る必要があります。
そして前述しているように=の後には「”」で囲む必要があります。
開始タグと終了タグはワンセットで使用する。大文字と小文字はHTMLコーディングの場合は区別しません。  
要素名や属性、値といったものを記載する場合は途中で改行してはNGです。
これら以外にも細かなルールはありますが、これらは最低限抑えるべきコーディングルールです。