logo jQueryに強い、基本料金0円。わかりやすい料金設定でご提供する、
コーディング代行サービス「ココマチ コーディングラボ」
03-6432-0915

MENU

スタッフブログ

お見積り依頼

HTML・CSSコーディングに役立つツール

1.Dirty Markup
私がなんといってもイチオシしたいツールが「Dirty Markup」です。「Dirty Markup」は、HTML・CSSに加えJAVASCRIPTの3つの言語に関して作成した記述を読みやすく整形してくれたり、文法の正誤チェックを行ってくれるツールです。
特に脱初心者したばかりの方は、知らずにミスをしている箇所等が少なくないため、このツールを利用してしっかり確認しておくとベストです。

2.Responsive Web Css
HTMLおよびCSSの骨格を簡単に生成してくれるツールが「Responsive Web Css」です。利用者は必要なページ数やタグ等を入力するだけで、瞬時に適切な骨格を生成してくれます。
また、PCだけでなくスマートフォン・タブレット端末に適した骨格も生成することができるため、デバイスごとに調整する手間がかからないのも魅力です。