スタッフブログ

コーディングラボのスタッフから、
日々のつぶやきをお届けします。

HTMLコーディングの間違いをチェックする

HTMLコーディングでよくある間違いをチェックすることができればケアレスミスを防いでコーディング工数の削減につながります。
例えばHTMLで<<div>の閉じ忘れなどがいい例です。
これは一番やってはいけないことですが、よくやってしまいがちな単純ミスです。<div>の要素を追加した場合、IDやクラス名が変わったら<div>の閉じタグを忘れていないかどうか確実にチェックしましょう。
世の中にはこういった基本的なミスを自動的に修正してくれるチェックツールが存在します、自分でチェックする前にまずこういったチェックツールを使って綺麗にすればケアレスミスを効率的に除去することができますのでおすすめです。
コーディングに慣れるまでは間違いを探すのも大変ですから使えるものは使ってHTMLに慣れていきましょう。