スタッフブログ

コーディングラボのスタッフから、
日々のつぶやきをお届けします。

レスポンシブコーディングでのIE対応

IEほど多くのバージョンが同時に使用されているブラウザも稀です。
特にレスポンシブデザインで用いるCSSを切り替えるためのメディアクエリですが、IE8以下では使用できません。
そのため、IE8以下で反映されるCSSを用意しておいて、その上でメディアクエリを実装することがポイントです。
稀にIE9以上なのにメディアクエリが動作しないということがありますが、その際に注意したいのがIEの互換モードです。
IE9以上でCSSが反映されない場合はヘッダーのメタタグに<meta http-equiv=”X-UA-Compatible” content=”IE=edge”>と入れてみてください。
すると互換モードが解除され、しっかりとメディアクエリが動作するようになります。
旧来からIEではさまざまなコツが存在しましたが、いまだ変わらない「IEらしさ」は健在なのです。