スタッフブログ

コーディングラボのスタッフから、
日々のつぶやきをお届けします。

モバイルファーストを意識したコーディングについて

モバイル機器の普及

近年スマートフォンやタブレットの普及率が高いことから、モバイルファーストを採用する企業が多くなっています。モバイルファーストとは、スマートフォンなどのモバイル機器向けのものをパソコン向けより先に、もしくは同時に公開することです。また、モバイル機器での使いやすさを優先的に設計することを指す場合もあります。


レスポンシブコーディング

モバイルファーストを意識したコーディングの一つに、レスポンシブコーディングが挙げられます。これは、一つのWebサイトでどのデバイスからの閲覧をも実現するレスポンシブデザインを可能にします。レスポンシブデザインが登場するまでは、スマートフォン用、パソコン用などでそれぞれにURLを持ち、それぞれのデザインでサイトを作成しなければなりませんでした。しかし、レスポンシブデザインでは、一つのWebサイトでスマートフォン用もパソコン用も一度に作ることになるので、公開も同時にすることが可能です。

反対に、レスポンシブデザインを採用する場合、モバイルサイトの作成を先に意識しなければならないということも言えます。画面の小さいモバイルサイトに入れられる情報は少ないので、よく吟味する必要があります。先にパソコンサイトを作ってしまうと、後からモバイル端末で見た時に情報量が多すぎて見にくく、読み込みの遅いサイトになってしまう恐れがあるからです。

モバイル機器の特徴と注意点

モバイル機器は時間や場所を選ばず、いつでも利用出来るという利点があります。いちいち机に向わなければ作業出来ないパソコンに比べ、操作する頻度は高くなります。このことから、モバイルを優先としたサイト作成が求められるようになったのでしょう。一方、画面が小さく、通信速度が遅いという欠点があります。そのため、本当に必要な情報を見極め、最低限の情報量で最大限の効果を発揮出来るサイトの作成が求められます。