スタッフブログ

コーディングラボのスタッフから、
日々のつぶやきをお届けします。

利用者の利便性が考慮されたモバイルファーストの参考サイト

モバイルファーストとは

モバイルファーストとは、モバイル機器向けのものをパソコン向けより先に、もしくは同時に公開することや、モバイル機器での使いやすさを優先的に設計することです。無駄な情報は省き、本当に必要となるものだけを表示させることで、モバイル機器に適したサイトが作られます。

モバイル機器での見やすさ、使いやすさがよく考えられているサイト

まず、情報が整理され、シンプルに表示されるサイトを紹介します。

http://mw.nikkei.com/sp/#!/
「日本経済新聞」のモバイル端末向けサイトです。表示されるメニューは主要な3つに抑えられ、それ以外のメニューはプルダウン形式で必要時のみ表示されるようになっています。また、ニュース記事もタイトルのみの表示で、興味のあるニュースだけをタップして見られるようになっています。
次に、テキスト入力を最小限に抑えることで利用者の負担を減らしているサイトの紹介です。
http://www.jalan.net/smart/
こちらは「じゃらん」で宿泊先の予約を入れるモバイル端末向けのサイトです。モバイル端末での文字入力は、なかなか苦労するものです。ドロップダウンメニューやカレンダーなどを使い、ユーザーの負担を軽くすることが出来ます。このサイトでは、画面をタップするだけで情報の入力が簡単に出来るようになっています。
モバイル端末ユーザーの目的に合ったコンテンツを優先的に設けているサイトが次のサイトです。
http://k.nissan.co.jp/
「日産自動車」のサイトですが、パソコンサイトではインフォメーションの他、オーナーサービスやカーラインナップといった様々な情報が表示されています。一方モバイル端末用のサイトでは、GPSを利用した販売店検索や試乗車検索など、モバイル端末での利用の多い場面を想定したコンテンツが優先的に表示されています。
モバイルファーストでは、ユーザーの目的に合った情報を提示する必要があり、また、モバイルサイト作成に適した技術も必要となります。効果的なモバイルサイトを作成したいのなら、コーディング代行サービスを利用することも一つの手段です。