logo jQueryに強い、基本料金0円。わかりやすい料金設定でご提供する、
コーディング代行サービス「ココマチ コーディングラボ」
03-6432-0915

MENU

スタッフブログ

お見積り依頼

レスポンシブコーディングについての基礎知識

スマホでもパソコンでもタブレットでも、どのデバイスからの閲覧にも対応するレスポンシブデザイン。そして、それを可能とするのがレスポンシブコーディングです。

まず、レスポンシブデザインのメリットですが、制作後のメンテナンスが容易になることが挙げられます。スマホ用、パソコン用にと別々に作っていたものを統一出来るので、情報の整理がしやすいのです。それぞれ異なったデザインを用意する必要もなく、URLを統一することも出来ます。そして、URLを統一することで検索サイトからも判別されやすくなり、SEO対策としても有効となります。

反対にデメリットですが、スマホとパソコンのそれぞれの利用方法に対応することが出来ません。また、複数のデバイスに対応させるため、設計やデザインが重要となり、慎重に行なう必要があります。スマホとパソコンのレイアウトを変えることでデバイスによっては不要な要素も読み込まれることとなり、ページの読み込みが遅くなる可能性もあります。新しいデバイスの登場で標準規格が変更された場合には、全体の仕組みの変更が必要となる可能性もあります。

レスポンシブコーディングの基本

どのデバイスからの閲覧にも対応するページを作成することが目的となりますが、それを達成するには色々な方法があるでしょう。概要としては、まずデバイスごとにコンテンツの配置を決めます。そしてそのデザインになるように、CSSでレイアウト調整することになります。とても簡単な説明となりますが、スクリーンサイズ(画面幅)に合わせて、縦横比を維持したままレイアウトを拡大、縮小されるようにするコーディングがレスポンシブコーディングです。

実際のコーディングにあたっては、色々なサイトで紹介されています。ただ、サイトによって説明が異なることもあり、初心者には少し分かりにくいところがあるかもしれません。コーディング代行サービスもありますので、そちらを利用されるのも一つの方法です。