スタッフブログ

コーディングラボのスタッフから、
日々のつぶやきをお届けします。

HTMLの歴史

HTML(HyperText Markup Language)の始まり

HyperText Markup Language(ハイパーテキストマークアップランゲージ)は、ウェブ上の文書を記述するためのマークアップ言語で、ウェブの基幹的役割を持つ技術の一つです。その歴史は1989年に始まり、CERN(欧州素粒子物理学研究所)のティム・バーナーズ=リー氏が開発しました。現在はWHATWG(HTMLの開発やその関連技術に興味を持つ人々のコミュニティ)によって仕様が作られ、それを元にW3C(WWWで使用される各種技術の標準化を推進する為に設立された非営利団体)によって勧告が為されるという流れになっています。

誕生の背景

CERNでは何千人という科学者が研究を行なっており、お互いの研究状況の共有や資料検索の手段が求められていました。そこで、ティム・バーナーズ=リー氏がWWWと共に誕生させたのです。

歴史

1989年にティム・バーナーズ=リー氏が、CERNの情報管理を目的としてオリジナルのメモを提案し、1990年にコード化しました。
1993年6月にバージョン1.0が公開され、公式な仕様として定義されました。これは、ティム・バーナーズ=リー氏の仕様に従ったものです。
次いで1993年11月、HTML+が発表され、テーブルなどが追加になっています。
1995年、バージョン2.0が発表されました。この発表はIETFという組織のワーキンググループからですが、2.0以降はW3Cによって管理されるようになりました。
バージョン3.0は策定途中で破棄され、1997年1月にバージョン3.2の仕様がW3Cより勧告されました。
バージョン4.0は1997年12月に発表され、翌4月に改定されました。さらに、いくつかのマイナー修正が加えられたバージョン4.01が1999年に勧告されています。
2014年、現行のバージョン5がW3Cより勧告されています。
次々に進化していくインターネット技術を専門家以外が把握することは難しいことです。コーディング代行サービスを利用することで、あれこれ調べる時間の短縮を図り、低サイズでメンテナンス性の良いコードにすることが出来ます。また、適切なコーディングをすることで、SEO対策としても有効となります。