スタッフブログ

コーディングラボのスタッフから、
日々のつぶやきをお届けします。

知っておきたいHTML5についての基礎知識

HTML5とは

昨今Webデザイナー界隈で話題となっているHTML5について簡単に説明していきます。HTML5とはウェブ上の文章を記述する言語、HTML(ハイパー・テキスト・マークアップ・ランゲージ)の第5版です。

人間とコンピューターの双方が矛盾なく読み解ける言語を目指して作られていて、現在広く使われているHTML4.01との大きな違いは、マルチメディアへの対応と文章要素の明確化と追加です。

マルチメディアに対応というのは、複雑ではないものに限りますが、動画やグラフィックの描画、音声の再生が可能になったということ。これは今までHTML4までは対応しておらず、実行が困難でした。必要な場合はJavaアプレットやFlash、Silver Lightなど別のプラグインや機能に頼らなければならなかったのです。

文章の要素を明確化というのは、Webサイトの見出しや本文、引用元など、文章を構成する要素を区別する記述が追加されたことで、機械に理解させやすく記述できるようになったということです。これにより、検索エンジンやプログラムがWebページの内容を理解しやすくなり、より正確な検索結果やレイアウトを表示することができるようになります。

HTML5はどう使うべきか

現状では、HTML5について各ブラウザで実装状況が異なっているため、パソコン向けサイトの制作に使用するのは注意が必要です。しかし、スマートフォン向けサイトの制作をするのであればメリットが大きいでしょう。iPhoneやiPadはFlashに対応しないことを明言したことが、普及を後押ししました。今までユーザーの操作に反応して何らかの情報処理をするというWebページを作るには主にFlashが使われていましたが、スマートフォン、特にiOS環境ではこの方法が使えなくなったのです。

HTML5は追加要素や変更点が多く、また今後の仕様変更も予想されるため、実際のWeb制作作業は少し苦労するかもしれません。効率的なWeb制作を望むならコーディング代行サービスを利用するのがおすすめです。