スタッフブログ

コーディングラボのスタッフから、
日々のつぶやきをお届けします。

CSS3の特徴と新しい仕様

CSSとは

CSSとはCascading Style Sheetsの略で、WWWで使われる各種技術の標準化を推奨するW3Cが策定・勧告するもので、HTML文書の文字色などの装飾を定義する仕様です。それまではHTMLが全てを担っていた文書の構造と装飾を、文書はHTMLに装飾はCSSに分担させるという理念で提唱されました。

CSS3の特徴

CSS3(Cascading Style Sheets level3)は2011年に勧告を受けたlevel2.1の後継にあたりますが、以前のように一つの仕様書であらわすのではなく、個々の機能をモジュール化して、ブラウザがそれぞれのモジュールを搭載するかしないかを選べるようになりました。またlevel3では今までにない新設された仕様があり、その利用法も今までのCSSソースにlevel3の記述を追加するだけでよく、気軽に新しい機能を利用できるようになりました。さらに今はまだモジュールを搭載していないブラウザでも、追加されたlevel3の記述が無視されるだけで、そのほかの装飾は正しく表示されるので、ブラウザが対応しているかどうかをあまり気にせずに使えるようにもなりました。

新しい仕様の例

CSSの基本的な記述方法は
セレクタ { プロパティ : 値 ; }
です。セクレタは装飾対象を、プロパティは装飾の種類を、そして値は装飾内容を指定します。level3ではこのそれぞれに新しい仕様が加わりました。例えば新設されたセクレタでは、表組や箇条書きで示された多くの項目を「奇数項目だけ」を装飾することができたり、「最後の子要素だけ」を装飾するなどの指定が容易になりました。他にも新設されたプロパティでは以前は画像を加工するしかなかった文字やボックスの影付けもできるようになり、新しい値の仕様では今までは1つの要素に1つの背景画像しか指定できなかったのを、複数の背景画像を表示できるようになったなど、以前よりも複雑なデザインがしやすくなりました。

CSS3のこと、わかっていただけましたか?HTMLもCSSも日々進歩を続けていて、専門家以外が全てを把握するのは難しい部分があります。そのためコーディングの際にはコーディング代行サービスなどを利用してリスクを回避するのも良い方法です。