logo jQueryに強い、基本料金0円。わかりやすい料金設定でご提供する、
コーディング代行サービス「ココマチ コーディングラボ」
03-6432-0915

MENU

スタッフブログ

お見積り依頼

デザインについて考えてみる

スキュアモーフィックデザインとリッチデザイン

スキュアモーフィックデザインとは、主にコンピュータシステムのユーザーインターフェイスに使われる、実物に似た質感の再現を目指したリアルなデザインのことを言います。立体感や奥行、質感、光沢感の演出といった要素を取り込んで細部までデザインされているので、作りこまれた華美なデザインということができます。写実的なのが特長です。一方でリッチデザインとは、斜角や反射、ドロップシャドウ、傾斜などの飾りを加えたデザインのスタイルを指します。対象を立体的に見せることで、ウェブサイトを移動しているユーザーや、アプリを利用しているユーザーの使いやすさを考慮して用いられることが多くあります。似ているようで非なるこの二つのデザインと対をなすのが、次に紹介するデザインです。

フラットデザインとは

2013年頃より、それまで主流であったリッチデザインに変わり、フラットデザインが好まれるようになりました。原因としてはWindows8のOSに導入されたこと、AppleがiOS7に採用したこと、Googleのデザインにも取り入れられていることが挙げられます。が、一番の理由は、作成の手間がリッチデザインに比べると少ないというところにあるようです。そのうえ、ウェブに接続するためのデバイスが増えたためスクリーンサイズが多様になり、さらにブラウザーそのものの制約もあり、せっかく作ったリッチデザインを、モバイルサイズに合わせて縮小する際、うまく変換することができないといったことも理由の一つといわれています。これに対して、フラットデザインは余計な要素がないために、ウェブサイトの読み込みもスピーディーになり、サイズも変更しやすくなっているのです。ただ、欠点があるとすれば、デザインにセンスが必要になってきたということです。シンプルで平坦なデザインのため、色の使い方や配置などが重要となるからです。もしも苦手とするのであれば、コーディング代行といったプロの手を借りるのも、手段のひとつです。