スタッフブログ

コーディングラボのスタッフから、
日々のつぶやきをお届けします。

これからはモバイルがパソコンに先行する?

モバイル市場の拡大

モバイルファーストという言葉が、何年か前から使われるようになりました。それまでは、まずパソコン版向けにWebサイト作りやアプリケーションの開発が行われ、それを簡易にしたのがモバイル版という位置づけでした。ところがモバイル市場が急速に拡大し、モバイルが普及すると、まずモバイル版のWebサイトやアプリケーションを作り、出来上がったものに情報を付加していってパソコン版を作成する、モバイルファーストという方法論が語られるようになったのです。実際、AppleやMicrosoft、日本マクドナルドの大手企業などがすでに導入し、話題になっています。

モバイルの利点

モバイルのメリットは、起動時間が短いことが挙げられます。しかも大体の場合において、モバイルは手元近くに置いてあるか、手を伸ばせば届く距離に置いてあるので、気軽に情報にアクセスすることができます。決められた場所に固定してあるパソコンとは便利さにおいて違いがあります。パソコンのモニターに比べ、表示画面が小さいという事もときには利点になります。掲載できるコンテンツや情報に限りがあるため、必要のない情報はそぎ落とされ、ユーザーにとって有益と考えられる情報だけが、画面に現れることになるのです。これはまた、余計な情報を盛り込むことはパソコンに比べて遅い通信速度をさらに遅くしてしまう結果になるので、通信速度の快適化を目指すためにますます情報は精査されることとなるのです。タッチパネルやGPS、各種のセンサーなどの機能が備わっているのもモバイルならではです。これらの機能を使い、パソコンではなしえない体験をユーザーに提供することが可能になります。以上の流れを受けて、コーディング代行業者も携帯サイト構築のためのモバイルコーディングを請け負っているところがあります。モバイルファーストを検討するなら専門業者にお願いするのもひとつの手です。