スタッフブログ

コーディングラボのスタッフから、
日々のつぶやきをお届けします。

プロによるHTMLコーディングはここが違う!

誰でもWebサイト制作ができる時代に

インターネットとパソコンやスマートフォンの普及により、HTMLを学んだことがある人なら、ある程度のWebサイトは誰でも制作できる時代になりました。それでも、コーディング代行サービスがビジネスとして成り立っているのはなぜでしょうか。企業サイトの場合は、膨大な量のページが必要となり社内では対応できないというのも理由の一つかもしれません。しかし、最も重要な理由は「HTMLの正確な記述が難しい」ということではないでしょうか。検索のしやすさも管理のしやすさも、HTMLの記述が正確であるかどうかによって、大きく変わるのです。

Webサイト制作初心者のレベルとは

コーディングを始めたばかりの初心者のレベルは、個人のホームページとしては成り立つかもれません。しかし宣伝を含む企業のWebサイト制作にあたるのであれば、やはり不安が残ります。ではコーディング初心者のレベルがどの程度なのか。Web制作に携わったことのない人に説明するならば「想定するブラウザ上で大きなレイアウト崩れがない」「リンク漏れやタグのスペルミスなどのヒューマンエラーが極めて低い」「HTMLの記述チェックでエラーが出ない」程度がクリアできるレベルと言えるでしょう。

プロによるコーディングは何が違うか

初心者でもエラーの出ないHTMLの記述はできます。では企業向けのコーディング代行をする、いわゆるプロの仕事はなにが違うのでしょう。それは「ブラウザ上できちんと表示され、かつ検索エンジンやプログラムにも情報を正しく伝えることができる」かどうかなのです。HTMLには「この文字列がどのような情報を持っているのか」を機械に理解させるためのタグというものがあります。このタグを正確に使用することで、検索の精度が上がり企業の利益や信用につながります。また、人間から見てもその文字列がどのような情報を持っているかがわかりやすくなるため、管理もしやすくなるのです。