スタッフブログ

コーディングラボのスタッフから、
日々のつぶやきをお届けします。

HTML5によるWeb制作でなにができるようになるのか

HTML5の主な変更点

スマートフォンの普及によりHTML5によるWeb制作の需要が高まってきていますが、そもそもHTML5によるWeb制作とは今までのWeb制作と何が違うのでしょうか。従来のHTMLによる記述は、ユーザーの操作に反応して何らかの情報処理をするという、いわゆるウェブアプリケーションの制作が苦手でした。そのため、そのような処理を行う場合は他の機能やプラグインに頼っていました。しかし、Apple社が市場トップシェアを誇るiPhoneやiPadなどのスマートフォンやタブレット端末ではプラグインに対応したブラウザを搭載しないことを明言したために、従来の方法に頼らないWeb制作が必要となったのです。

HTML5は今まで苦手としていたマルチメディアの対応を可能にし、複雑だった処理が簡単に実行できるようになりました。さらにHTMLをより構造的にスッキリと記述できるようになったことで、検索エンジンやプログラムなどの機械的にも人間的にもわかりやすい言語となったのです。

HTML5でなにができるのか

具体的にはHTML5でなにができるようになり、どのようなWebサイトを制作するときにメリットがあるのでしょうか。たとえば、企業のPRに使う画像を音楽に合わせてスライドショーで表示したり、画像内をクリックするとアニメーションが反応したりということが、Flashなどのプラグインに頼らずにできるようになります。他には、入力項目の必須化や書式チェックができるようになったため、ショッピングサイトなどの注文フォームなどを作るときにもHTML5は有効でしょう。そして、スマートフォンからでも、このような機能を使用したWebサイトの表示ができるということ。もちろん画面サイズの問題などはありますが、パソコン向けのサイトとスマートフォン向けのサイトが一つで済むのは管理する側にとっても大きなメリットです。

HTML5による実際のWeb制作は追加要素と変更点の多さから、少し難しいかもしれません。そんな時にはコーディング代行サービスを使ってみることを検討してみてはいかがでしょうか。