スタッフブログ

コーディングラボのスタッフから、
日々のつぶやきをお届けします。

webデザインにもトレンドあり

webデザイントレンドの話

2014年頃から、webデザイントレンドとしてゴーストボタンが話題になっています。国内というよりは海外のwebサイトでよく見かけるデザインです。ボタンが透明であったり、半透明であったりするので、背景の画像が透けて見えます。そのあたりがゴーストボタンという名前の由来らしいのですが、別にユーザーには全く見えず、気が付かないうちにクリックしていたという意味のゴーストではありませんので、あしからず。

なぜ話題になっているのか

巷を騒がせているのは、オシャレでかっこいいwebデザインになっているのが大きな理由と思われます。このボタンが話題になる少し前から、デザインの主流はリッチデザインからフラットデザインに移りつつあります。リッチデザインとは影を付けたり斜めにしてみたり、飾りを付けたデザインのことです。テクスチャやマテリアル、ディティールなどにも凝り、奥行にこだわって立体的に見せるのもその手法です。対してフラットデザインとは、過剰な装飾をなくし、シンプルでミニマルなデザインのことを指します。色遣いも彩度を抑えたパステル調で、画面全体のバランスが大切になってきます。ゴーストボタンはこのフラットデザインととても相性がよく、そもそものかっこよさと相まって、トレンドに乗ったのだと思われます。

その特徴として多く挙げられるのは

1. シンプルなカラーリング。
2. ボタンの背景は透明か、薄い半透明。
3. テキストがシンプルか、アイコンとテキストがシンプル。
4.細目の罫線で囲んでいる。
5.ボタンが大きい。
6.フォントが太い。
7. 配置場所が画面中央など目立つ場所にある。
8.背景に画像や動画がある。

おおむね、以上のような特徴が挙げられます。デザインとしては高級感があり、オシャレに仕上がるというメリットがありますが、デメリットとしてはボタンなのか装飾なのか、わかりにくいということが挙げられます。いづれにしても、ここ数年は続きそうな最新トレンドといえるでしょう。