スタッフブログ

コーディングラボのスタッフから、
日々のつぶやきをお届けします。

SEO対策とコーディングについて

Webサイトに訪問してもらうには

Webサイトを作っても訪問してくれる人が誰もいなかったら、情報を発信するというWebサイト本来の役割は果たされないことになります。サーバーに負荷をかけるだけの結果になってしまうでしょう。しかしそうはいっても現代社会にはもはや膨大な数のWebサイトが存在しているのです。星のようにあふれかえるWebサイトの中から、どうすれば自分のWebサイトを見つけて訪問してもらえるのか、コンテンツの中身ではなく、コーディング面でのコツをお話ししたいと思います。

SEO対策は大事

たいていの人はGoogleなどの検索エンジンを使って目的のWebサイトを探します。その際には、欲しい情報を得るためのキーワードを入れます。結果、キーワードに合致したWebサイトが検索結果となって表示されます。検索結果はそれこそ何万件という数になります。でも実際に訪問してもらえるのは、上位の数件だけです。ではこの上位にWebサイトを表示させるにはどうしたらいいだろう、という話になるのです。

SEO(Search Engine Optimization)とは、「検索エンジン最適化」と訳されます。SEO対策とは、検索結果で上位に表示してもらえるように何とかしよう、ということなのです。Googleが使っている検索エンジンの場合、アルゴリズムで検索順位は決定されます。アルゴリズムは不定期に更新されているので、これが絶対という方法は実はありません。今、有効と思われる手段のひとつに、コーディングに気を付けるという方法があります。

まずは見出しです。<h1>を使うのはそのページにひとつだけです。何回使っても良いとはされていますが、大見出しが何回も出てくるのはおかしくありませんか。次に数字の順番は守ります。<h1>がないのに<h3>がいきなり出てくることはありません。HTMLコーティングの場合、レイアウトの順番も重要になってきます。ヘッダー、メインコンテンツ、サイドバー、フッターの順になります。サイドバーはナビゲーションの役割を果たすので、メインコンテンツのほうが優先されるのです。