logo jQueryに強い、基本料金0円。わかりやすい料金設定でご提供する、
コーディング代行サービス「ココマチ コーディングラボ」
03-6432-0915

MENU

スタッフブログ

お見積り依頼

モバイル端末を意識したコーディング

モバイルファーストを実現する方法とメリット・デメリット

çモバイル端末を優先するサイトデザインの仕方としては、パソコン用サイトの他にモバイル用のサイトを立ち上げる方法と、レスポンシブコーディングを使ってどのデバイスからの閲覧もできるようなサイトを作る方法のふたつがあります。 パソコン用とモバイル用のそれぞれのサイトを作る場合には、手間や費用などが余計にかかるほかに同時に公開しづらいというデメリットがあります。しかしパソコン用のサイトでは情報を多くしてより充実したサイト構成が可能ですし、モバイル用のサイトでは見やすさや操作性を重視したサイト構成ができるというメリットがあります。

レスポンシブコーディングを使ったウェブサイト制作では、ひとつのサイトを作ることによってどのデバイスからも閲覧が可能なので、一度にウェブを制作し公開することが可能です。しかし、通常のパソコン用のサイトのように情報量や画像などが多い場合、モバイル端末での閲覧に時間がかかったり、文字が小さくて読みづらかったりという不都合がでます。このようなトラブルを避けるためにはフラットデザインなどを使い、通常のパソコン用サイトよりも説明文やコンテンツなどの情報量を減らして、レイアウトも簡素化する必要があります。そのため、本当にアピールしたいものや情報の選定が求められます。