スタッフブログ

コーディングラボのスタッフから、
日々のつぶやきをお届けします。

コーディング代行で素早いレスポンシブコーディング対応

マルチメディア対応の必要性

一昔前は、画面サイズの小さなパソコンでインターネット閲覧をすると、サイトが途中で切れて見えなくなってしまったり、全体を見ようとすると文字サイズが小さすぎたりと不便がありました。携帯電話でインターネットを閲覧するようになると、携帯用サイトが作られるようになりましたが、全てのサイトが見られるわけではありませんでした。さらに、タブレット、スマートフォンの時代になると、それぞれの媒体に合わせたWebサイトが必要になっていきました。
この問題を解決するために、閲覧媒体に合わせてサイトのサイズを自動的に小さくするという方法が取られましたが、情報量の多いサイトでは文字やボタンが小さくなってしまいスマートフォンではうまく閲覧できないという問題が出てきました。そのため、現在はレスポンシブWebデザインという考え方が主流となっています。

レスポンシブWebデザインという考え方

レスポンシブWebデザインとは、パソコン、タブレット、スマホといった様々な媒体に最適なデザインにすることをいいます。レスポンシブコーディングを行うとサイト全体のサイズを変更するのはもちろん、横に並べていたボタンを縦に並べたり、画像の縦と横を変えたりすることができます。ただ、現在パソコン用サイトのデータ量が膨大な場合は、対応に手間や時間が掛かります。また、サイトを一番見やすいように工夫するレスポンシブコーディングのデザイン方法は、普通のサイト構築とは違う専門的な知識が必要となります。また、スマートフォンの急激な普及により、レスポンシブWebデザインに早急に対応しなくてはなりません。

コーディング代行でWeb構築のスピードアップ

素早くレスポンシブコーディングを行うために、必要な部分だけを委託するコーディング代行という方法があります。例えばWebデザインに集中したいので、それ以外は代行を利用する、人件費を抑える為専門的な部分は代行を依頼するという方法です。ニーズに応じた様々なコーディング代行メニューがありますので、どの部分を依頼するのが一番いい方法かを一度ご相談ください。