スタッフブログ

コーディングラボのスタッフから、
日々のつぶやきをお届けします。

HTML5はどんなところがスゴイのか?

 

HTML5とは?

HTML5は、WEBページを構築するための言語HTMLの5回目の改訂版となります。正式に勧告されたのが2014年10月と新しく style=’margin:20px;’、仕様はまだ変更される可能性があり、今後、5.1といった具合に新たな仕様が勧告される可能性があります。CSSを組み合わせることでデザインを制御したり、電子データの管理に用いられるXMLデータ文書を扱えるXHTML形式にも保存したりする、といった一般的な使い勝手は従来どおりですが、記述方法の簡潔さや機能が大幅にアップしています。

マークアップ言語としてスゴイところ

全体的に記述は簡略になっています。たとえば、書き出しの宣言はHTML4では、

<!DOCTYPE HTML PUBLIC “-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN” “http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd”>

と記述しなければならないところ、5では、シンプルに、<!DOCTYPE html>と記述すればOKです。

また、文書をより構造化するためのタグが追加されています。たとえば、<header>タグで導入部を指定したり、<footer>タグで、著作権情報や作者情報を入れるフッターセクションを明示したりと、文書の要素をよりはっきりと示すことができるようになりました。

APIとしてのスゴイところ

APIとはアプリケーションプログラミングインタフェースの略語で、一般的に、外部のプログラムを呼び出して動作させ利用する手順をさします。たとえば、いままでホームページ上で動画を再生するときには、AdobeのFlashを呼び出して動作させるのが一般的でした。これに対して、HTML5では、動画を再生する<video>タグがあります。<video>タグを使用することで、Flashなどのプラグインをインストールしなくても、標準のHTMLから動画を扱えるのです。この他にも、画像描画や、ファイルのストレージなど、いままでできなかったことがHTMLだけで実現可能となるタグが追加されました。

シンプルで記述しやすく、HTML文書だけで実行できることが広がる、とうれしい限りですが、これまでとは記述の方法が異なるということで、戸惑われる方も多いのが実情です。

プラグインソフトからの切り替えも含めて、迷われましたら、コーディング代行会社に依頼するのも一案です。